レーザー脱毛に伴う痛み

レーザー脱毛は特殊なレーザーの光を使って黒い色素を破壊しますが、施術をした後は永久的にムダ毛が生えてこないということでしょうか?

残念ながらそうとも限らないようで、国で設けている規定では、治療が終わってから、1ヵ月経って再生率が20%に満たない時には永久脱毛と呼べるそうなので、毛が全く生えてこないわけではなく、産毛のような小さな毛は生えてくるそうです。

しかし、もともと毛が濃かった女性にとっては、レーザー脱毛をした後は、以前よりも毛の量が減ったのでとてもキレイになって満足しているようで、実際にレーザー脱毛をしてからも元の毛深い状態に戻った人の事例は報告されていないようです。

また、レーザー脱毛には痛みも伴い、新宿のクリニックの医師によると、毎回輪ゴムで弾かれたくらいの痛みがあるようです。

しかし、痛みには個人差もあり、ある人はあまり痛みを感じなくても、別の人は痛がったりして、デリケートな部分や太い毛を脱毛する時には特に痛みを感じるそうです。

そして、肌が白い人はレーザーの光と相性が悪いようで、ある人は脇の脱毛をする時に痛すぎて毎回泣きそうになったそうです。

クリニックによっては客が痛がらないように脱毛クリームを塗って肌の感覚を鈍くさせてからレーザー脱毛をする所もあるようです。

また、レーザー脱毛をする機械に急速冷却システムが搭載れていて、肌の温度が高くなるのを抑えながら脱毛するので、痛くないようにしている新宿のクリニックもあります。