新宿のレーザー脱毛と日焼け

レーザー脱毛で使うレーザーは、メラニン色素と呼ばれる黒い色素だけに反応して、熱エネルギーを与え、この熱の働きによって、毛を作り出すための毛根組織を破壊して再び毛が生えて来ないようにしています。

レーザー脱毛で使うのは特殊なレーザーなので、黒い色素だけに反応して、周りの皮膚には影響を与えないので、確実にムダ毛だけを処理することができます。

しかし、黒い色素だけに反応するというのが難点で、脱毛したい部分にほくろやあざ、しみ等がある時にはそちらにも反応してしまう可能性があります。

さらに、脱毛したい部分に刺青があったり、毛を脱色しているため毛の黒さが足りない人にはレーザー脱毛をしても効かないこともあるようです。

新宿にあるクリニックの医師の話では、夏場に日焼けするとメラニンの量が変わってしまうので、レーザー脱毛をした後は直射日光を避けるようにしなければなりません。

そのため、5月-6月にレーザー脱毛をする人は、外の紫外線が強いので、影響されないようにしっかりと日焼け止めのクリームを塗っておいて、肌を守ることが重要です。

特に5月の連休や夏休みの時期には、海や山に出かけたり、友達とプールに行って肌を露出することが多くなるので、日焼けしないように注意が必要です。

新宿のクリニックの医師が言うには、覚えておくべき事として、日焼けをした肌にレーザーを当てると肌が弱くなって、肌が荒れる原因になるので、夏場のレーザー脱毛はよく考えて行わなければなりません。