未成年者とレーザー脱毛

全ての女性にとってムダ毛の処理は悩みの一つで、思春期の時期は自分が他の人より毛深いと感情面で傷つく人も少くありません。

特に思春期の時期には、自分を他の人と比べる傾向があるので、クラスで自分一人だけが毛深かったりすると大きなコンプレックスを抱える原因になります。

それで、今では学生でもレーザー脱毛をすることを考えているそうですが、新宿などのクリニックで行うレーザー脱毛は未成年者が行うのは簡単にはいかないようです。

調べてみると、レーザー脱毛は未成年者でもできるようですが、思春期の時期は身体が発達している途中なので毛根も未発達で、たとえ永久脱毛をしてもまた回復して再びムダ毛が生えてくることもあるようです。

新宿にある脱毛クリニックの医師が言うには、思春期の時には、ホルモンのバランスが不安定で、一番いいのは大人になってから、ホルモンのバランスが安定してからレーザー脱毛をすると体への負担が少ないそうです。

レーザー脱毛をするのは18歳を過ぎてからがふさわしいようです。

さらに、体への負担があることから、レーザー脱毛をするには必ず親の同意が必要で、これはレーザー脱毛をした後に火傷したり皮膚がただれたりする可能性があるので、あらかじめ保護者の同意書を持って行き施術の前に医師に提出する必要があるようです。

そして、レーザー脱毛をする値段も高いために、中学生や高校生でレーザー脱毛をする人はあまりいません。